〒790-0067 愛媛県松山市大手町2丁目6-5 TEL:089-943-1151 FAX:089-947-0026
トップ各診療科の紹介心臓血管外科⇒心臓の病気 文字が見えにくいと感じる方へ 画面を拡大表示します 画面を縮小表示します
各診療科の紹介 各科問診表はこちら

心臓血管外科

 動脈の病気 | 心臓の病気 | 大動脈の病気 | 動脈の病気 | 静脈の病気 | ステントグラフト |
 
 閉塞性動脈硬化症
 動脈硬化が原因で、動脈が狭くなるかつまってしまう病気です。症状は、長い距離を歩いたり、階段や坂道を登ると足がだるく、さらに痛くなり、しばらく休むと痛みがおさまりまた歩けるようになるというものです。このような症状は、腰の病気でも生じますので、動脈が原因か、腰の病気か調べる必要があります。さらに重症の場合はじっとしていても足が痛かったり、きずができたりします。動脈が原因の場合は、薬で治療するか、狭くなった動脈をカテーテルを用いて太くするか、人工血管や静脈を用いてバイパス手術を行うかのいずれかの方法で治療します。

閉塞性動脈硬化症の症状

・ふくらはぎ、おしり、太もも
・運動後、うずくような不快感
・安静により軽快する(10分以内)

    カテーテル治療


治療前                                     治療後
        


バイパス手術


手術前                  手術後
  
戻る
Google WWWサイト内
| お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 当サイトについて | サイトマップ | リンク |

Copyright(C) Matsuyama Shimin Hospital. All rights reserved.
財団法人永頼会 松山市民病院 日本医療機能評価機構認定病院