〒790-0067 愛媛県松山市大手町2丁目6-5 TEL:089-943-1151 FAX:089-947-0026
トップ各診療科の紹介内科・糖尿病⇒各種指導 文字が見えにくいと感じる方へ 画面を拡大表示します 画面を縮小表示します

各診療科の紹介 各科問診表はこちら

糖尿病 内 科
各種指導  
@透析予防指導
 糖尿病性腎症から透析導入を必要とする患者さんが急激に増加していることが問題になっています。腎症の進展を予防するには血糖、血圧管理の他に、肥満、脂質、喫煙などに対する介入が必要とされます4)。そのために腎症2期(尿中アルブミン>30mg/gCr)以上の患者さんには腎不全への進展を予防するために医師・栄養士・看護師による透析予防チームで指導を行っています。
   
4)新谷哲司ら: 蛋白尿陰性の2型糖尿病患者における微量アルブミン尿出現と腎機能低下の危険因子の相違についての検討. 糖尿病 52: 829-835, 2009.
 
 
A栄養指導
 食事療法は糖尿病治療を行う上で最も重要なものの一つです。最近では多くの新薬が出てきましたが、それでも食事療法の重要性には変わりはありません。
 最近になりよく用いられるようになってきたインクレチン関連薬には食欲抑制作用があります。当院でもインクレチン関連薬の一つであるDPP4阻害薬に食行動の改善効果も伴っている可能性があることを報告してきました。しかし、このインクレチン関連薬も食事療法が遵守できず体重が減らない患者さんにおいては十分な効果が期待できないことが知られています。
 当院では6名の管理栄養士が栄養指導を行っており随時指導を受けることができます。
   
 
戻る
 
Google WWWサイト内
| お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 当サイトについて | サイトマップ | リンク |

Copyright(C) Matsuyama Shimin Hospital. All rights reserved.
 
財団法人永頼会 松山市民病院 日本医療機能評価機構認定病院