〒790-0067 愛媛県松山市大手町2丁目6-5 TEL:089-943-1151 FAX:089-947-0026
トップ⇒各診療科の紹介脳神経外科⇒頭痛3兄弟と脳卒中予防10か条 文字が見えにくいと感じる方へ 画面を拡大表示します 画面を縮小表示します
各診療科の紹介 各科問診表はこちら

脳神経外科

 頭痛3兄弟と脳卒中予防10か条
戻る
「かかりつけ医は大切」
 
平成19年10月11日(木)、松山市民会館で開催された第55回松山市通俗医学講座(松山市医師会主催)で、頭痛や脳卒中の知識を深めてもらおうと「頭痛3兄弟と脳卒中予防10か条」のテーマで、約700人の市民にお話いたしました。

「頭痛3兄弟」として、女性に多く、吐き気などを伴い、体を動かすことができないほどひどい場合もある「片頭痛」、ストレスや緊張が原因で、マッサージや運動で楽になることもある「緊張型頭痛」、目の奥の痛みが特徴で1年や1日のうちで決まった時間帯に起きやすい「群発頭痛」を紹介しました。(以下の表をご参照ください)


頭痛にもいろいろ
1)普段起こる頭痛
風邪、二日酔い、心配ごとなどが原因の頭痛です。本人も頭痛の原因がわかりやすく、原因が無くなれば症状が治まる頭痛です。「病気」というほどのことはない頭痛です。
2)脳の病気による頭痛
脳腫瘍やくも膜下出血など、脳の病気が原因の頭痛です。頭部MRIやCTにて異常をとらえることのできる頭痛です。
3)慢性頭痛 −いわゆる頭痛3兄弟−
繰り返し起こる強い頭痛に悩まされるが、はっきりした原因・異常が見つからない頭痛です。いわゆる「頭痛もち」と呼ばれる頭痛で、「頭痛が頭痛の種」と悩んでいる方は30%以上と言われています。
@緊張型頭痛 長時間に及ぶデスクワークなどにとる頭部・頚部の緊張や、精神的なストレスで起こる頭痛です。頭全体がギューッと締め付けられるような痛みのことが多いです。

A片頭痛 頭の片側、または両側に、ズキンズキンとする痛みが起こります。吐き気がしたり、光をまぶしく感じたり、音に敏感になるなどの症状を伴い、女性に多い頭痛です。

B群発頭痛 1年の決まった時期、毎日の決まった時間帯に、目の奥に起こり、えぐられるような、何かで突き刺されるような激しい痛みが起こる頭痛です。


医師の診察を受ける際のポイントとしては、頭痛の起きた日時や痛みの強さ、部位など症状をメモしておくことです。
頭痛で受診の際の心得
 1) 頭痛が起こった日時は
 2) 痛みの強さとその後の経過は
 3) 痛みの部位は
 4) どんな痛みか
 5) 合併する症状は
 6) 頭痛が起こったときの状況は
 7) 薬を使用したかどうか
 8) 薬以外の対処法は
 9) 生活に支障をきたしたかどうか

脳卒中については、禁煙、食事、運動などの生活習慣の見直しと、かかりつけ医をもつということが大切。40歳を過ぎたら「医者にかかったことがないのが自慢」などと言わず、いざという時に自分のどこがおかしいのかすぐに分かるよう、自分の日頃の状態を知っている医者を身近に作っておきましょう。
 
脳卒中予防10か条 (社団法人脳卒中協会)
 @ 手始めに高血圧から治しましょう
 
A 糖尿病、放っておいたら悔い残る
 
B 不整脈、見つかり次第すぐ受診
 
C 予防には、たばこを止める意思を持て
 
D アルコール、控えめは薬、過ぎれば毒
 
E 高すぎるコレステロールも見逃すな
 
F お食事の塩分・脂肪、控えめに
 
G 体力にあった運動続けよう
 
H 万病の引き金になる太りすぎ
 
I 脳卒中、起きたらすぐに病院へ
 脳神経外科部長 角南典生
戻る
Google WWWサイト内
| お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 当サイトについて | サイトマップ | リンク |

Copyright(C) Matsuyama Shimin Hospital. All rights reserved.
財団法人永頼会 松山市民病院 日本医療機能評価機構認定病院