〒790-0067 愛媛県松山市大手町2丁目6-5 TEL:089-943-1151 FAX:089-947-0026
トップ各診療科の紹介⇒耳鼻咽喉科 文字が見えにくいと感じる方へ 画面を拡大表示します 画面を縮小表示します
各診療科の紹介 各科問診表はこちら

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科領域における一般診療を行っていますが、境界領域も多く、他科との連携もはかるよう努めています。
対象疾患  
耳:
先天性耳ろう孔、耳介血腫、外耳炎、急性中耳炎、慢性中耳炎、滲出性中耳炎、突発性難聴や低音型突発難聴など感音性難聴、顔面神経麻痺、めまい・平衡障害(メニエール病、前庭神経炎、良性発作性頭位めまい症)など
鼻:
アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)、急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎、嗅覚障害、鼻出血、鼻中隔弯曲症など
口腔、咽頭、喉頭:
口内炎、扁桃炎、咽喉頭炎、咽喉頭異常感症、喉頭ポリープ、声帯結節、味覚障害、いびきなど
頚部、唾液腺:
頚部腫瘤、唾石症、唾液腺腫瘍など

主な診療内容  
めまい、平衡障害については、聴力検査、平衡機能検査、画像診断などを行い、原因の究明に努めています。
来院された日に必要な検査をできるだけおこないますが、木曜日の午後に予約検査も行っています。
良性発作性頭位めまい症では、浮遊耳石置換法(頭位変換法)が著効する方がおられ、従来からの内服や注射による治療以外にも、有効な治療法が考案されて来ています。
 
顔面神経麻痺については、麻痺の程度の評価や障害された神経の状態の判定を行っています。
ステロイド剤や抗ウィルス剤の内服治療を中心に行っていますが、糖尿病のある方では入院加療を要することもあります。
 
慢性副鼻腔炎は、マクロライド系抗生剤の少量長期投与による治療や、手術を行っています。
幼小児においては、鼻疾患が中耳炎の反復や遷延化の要因にもなりますので、こまめに鼻処置を行うように心がけています。
 
睡眠時の呼吸障害やいびきに関しては、幼少児では、アデノイド切除や口蓋扁桃摘出を行い、成人では鼻閉に対する処置や手術、口蓋垂軟口蓋に対する形成術を行っています。
扁桃炎が頚部の重症感染症(深頚部膿瘍)の原因になることもありますので、大人でも扁桃摘出術を行うことが増えてきています。

受診する患者さんへ  
月曜日から土曜日までの午前中(土曜日は初診と予約再診のみ)、火曜日と金曜日は午後も一般外来診療を行っています。
月曜日と水曜日に、主に入院を要する手術を行っていますが、レーザー手術など日帰りでできる手術は、木曜日の午後に行うこともあります。
 
 戻る
Google WWWサイト内
| お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 当サイトについて | サイトマップ | リンク |

Copyright(C) Matsuyama Shimin Hospital. All rights reserved.
 
財団法人永頼会 松山市民病院 日本医療機能評価機構認定病院