〒790-0067 愛媛県松山市大手町2丁目6-5 TEL:089-943-1151 FAX:089-947-0026
トップ各診療科の紹介形成外科⇒陥入爪・巻爪 文字が見えにくいと感じる方へ 画面を拡大表示します 画面を縮小表示します
各診療科の紹介 各科問診表はこちら

形成外科

TOP顔のできものについてホクロについてレーザー治療について陥入爪・巻き爪についてもしもの時眼瞼下垂と眼瞼痙攣
 陥入爪、巻き爪について

陥入爪 深爪することにより、爪のわきにできた棘が皮膚にくい込み、腫れたり、膿が出たり、肉が盛り上がってきたりします。
巻き爪 爪が巻いて、爪の両脇がくい込みます。加齢や外力、爪水虫などが原因となります。


自分で出来る対策
深爪しない。
爪の白いところが残るようにし、爪の両端を切り落とさないように。
爪を伸ばす。棘の部分がのびてくい込まなくなれば治癒します。 
腫れがひどかったり、なかなか治らない場合は、一度診察を受けて下さい。
治療
爪の棘をシリコンのチューブでカバーして棘がくい込まないようにし、爪をのばす。
巻いている爪を、超弾性ワイヤーでまっすぐに矯正する。
くい込んでいる爪を部分的に抜く。(部分抜爪)
手術によって、くい込む部分の爪が生えないようにする(陥入爪手術)
 
爪水虫がある場合は、皮膚科での治療が必要です。
戻る
 
Google WWWサイト内
| お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 当サイトについて | サイトマップ | リンク |

Copyright(C) Matsuyama Shimin Hospital. All rights reserved.
財団法人永頼会 松山市民病院 日本医療機能評価機構認定病院