〒790-0067 愛媛県松山市大手町2丁目6-5 TEL:089-943-1151 FAX:089-947-0026
トップ各診療科の紹介外科・乳腺外科⇒乳がんの治療 文字が見えにくいと感じる方へ 画面を拡大表示します 画面を縮小表示します

各診療科の紹介

乳腺外科 外 科

 乳腺の疾患
| 乳がんについて | 乳がん自己検診のすすめ | 乳がんの治療 | その他の乳腺疾患 | 乳癌クリニカルパス・乳癌の病期分類 |
戻る
 乳がんの治療
 乳癌の治療には、
 
1.手術  2.化学療法  3.ホルモン療法  4.放射線療法
  
がありますが、病気の進行程度によって1〜4を組み合わせて行うのが一般的となっています。

 
 1.手術
 腫瘍の大きさや性状、希望により手術方法を決定しています。温存できるものは可能な限り温存するというポリシーで行っています。
@乳房温存術
 原則的には3cm以下で腫瘤が1個のときに行いますが、2個以上でも根治性、整容性が保てるようでしたら行います。切除する形状により乳房円状部分切除術と乳房扇状部分切除術があります。乳房温存術を施行しました場合は一般には温存した乳房に放射線照射が行われます。また腫瘤が3cmより大きい場合も手術前に化学療法を行い腫瘤を小さくして温存術を行うこともあります。乳房切除術に対しましてよりよい整容性と少ない入院期間が可能です。
A乳房切除術
 乳房を切除します。乳房温存術に比べて局所再発率が低く、放射線を照射しなくてよい場合が多いという特徴があります。
B乳腺全摘術
 皮膚を残して乳腺だけを切除します。そのあとはティッシュ・エキスパンダーを挿入し、再建します。
C腋窩リンパ節郭清(かくせい:ひとかたまりにとること)、センチネルリンパ節生検
 上記の手術に加え、腋の下のリンパ節郭清も一般的に施行します。術前に明らかなリンパ節転移が認められない場合はセンチネルリンパ節生検といいまして、最も転移の確率の高いリンパ節を一部取り出してリンパ節転移を組織学的に確認した後、転移のある場合にのみリンパ節を郭清することをしています。このことにより手術後に患側の腕が腫れるという合併症の発生を減らすことができると考えています。
 
乳房切除後の乳房再建術に関しては、ご希望の方に形成外科
との協力で施行します。
胸のふくらみを維持する方法としては、乳癌術後の方専用の下着や装具が開発されています。かなり完成度の高いものです。
 
 2.化学療法
 抗がん剤による治療です。
@術前化学療法
 進行した乳癌や、大きい腫瘤で温存手術を希望される場合に行います。アンスラサイクリン系とタキサン系の抗癌剤の組み合わせで行います。乳癌は抗癌剤が効きやすい癌ですので場合によりしこりが消えてしまうことがあります。
 分子標的薬を組み合わせる事もあります。
A術後補助化学療法
 抗癌剤による再発制御効果が副作用によるデメリットを上回る場合に行います。アンスラサイクリン系ならびにタキサン系を中心としたものを用います。
 分子標的薬を組み合わせる事もあります。
B再発化学療法
 再発した場合に行います。状況に応じて様々な種類の抗癌剤よりより効果があり副作用の少ないものを選びます。
 
 3.ホルモン療法
乳癌は女性ホルモンの影響を受ける性質を持つものが多くあります。その場合はホルモン療法(内分泌療法ともいいます)を行いますと明らかに再発しにくかったり、再発後も腫瘤が小さくなることが認められています。経口剤や注射剤があります。ホルモン感受性がある乳癌に対して積極的に使用します。
ごく早期の乳癌以外は、感受性(+)であれば、使用することが多い。
TOPへ
 4.放射線療法
放射線科依頼で施行します。
乳房温存術をした時に、温存乳腺に放射線を照射します。一般的に放射線照射をしなければ10年間で2〜3割の人に乳房内再発があるといわれておりそれを制御するために行われます。乳房温存術とはセットになっています。照射は1日1回、1回10分程度、4〜5週間ですので外来通院でも可能です。
また、術後の再発乳癌で、胸壁など放射線照射の適応のものにも使用します。
TOPへ
リンク  VOL-Net(乳癌友の会)
戻る
Google WWWサイト内
| お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 当サイトについて | サイトマップ | リンク |

Copyright(C) Matsuyama Shimin Hospital. All rights reserved.
財団法人永頼会 松山市民病院 日本医療機能評価機構認定病院