〒790-0067 愛媛県松山市大手町2丁目6-5 TEL:089-943-1151 FAX:089-947-0026
トップ委員会・チーム紹介⇒栄養サポートチーム(NST)
文字が見えにくいと感じる方へ 画面を拡大表示します 画面を縮小表示します
委員会・チーム紹介
委員会・チーム紹介に戻る |


栄養サポートチーム(NST)
戻る

今や病院ではなくてはならないNSTを当院においても2004年11月に外科病棟で、2005年1月からは全科型NSTを稼動しました。
2005年10月1日、日本静脈経腸栄養学会NST稼動施設に認定されました。
2006年9月1日、日本栄養療法推進協議会NST稼動施設に認定されました。

 NSTとは
すべての疾患の治療上共通する基本医療である栄養管理を、個人や疾患に応じて適切に実施する、職種の壁を越えた集団(チーム医療により栄養管理を行う集団)です。

 NSTのメンバー構成
医師  4人 看護師  13人
管理栄養士  6人 薬剤師  3人
言語聴覚士  3人 理学療法士  1人
検査技師  2人 医療事務部  1人
↓栄養管理、活動内容についてはこちらからご覧ください
栄養管理        活動内容 (2017年4月更新)
 今後の課題
■NST活動の院内外へのさらなる啓蒙
■医療安全委員会、院内感染対策チーム、褥瘡対策チーム、緩和チーム、転倒転落対策チーム
  医療情報管理室など他の院内のチームとの合同活動
■外来NST、地域医療連携室を介した地域・在宅での栄養管理
■嚥下内視鏡による嚥下機能評価の標準化

 おわりに
経口摂取はできるものの、不充分な方への介入依頼が多く、できるだけご本人の希望に添った食事内容、量になるよう努めています。また、各メーカーから数え切れないくらいの種類の経管栄養剤が販売されており、安全で効果的な栄養剤の選択に苦慮しています。
点滴から開放されたり、すべて口から食べられるようになって退院されたりする方もおられ、我々メンバーの励みになっています。
経口摂取こそ最高の栄養法であり栄養管理の最終目的であることを肝に銘じて地道に活動を広げたいと考えています。
戻る
Google WWWサイト内
| お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 当サイトについて | サイトマップ | リンク |

Copyright(C) Matsuyama Shimin Hospital. All rights reserved.
財団法人永頼会 松山市民病院 日本医療機能評価機構認定病院