〒790-0067 愛媛県松山市大手町2丁目6-5 TEL:089-943-1151 FAX:089-947-0026
トップ委員会・チーム紹介⇒緩和ケアチーム 文字が見えにくいと感じる方へ 画面を拡大表示します 画面を縮小表示します
委員会・チーム紹介
委員会・チーム紹介に戻る |


緩和ケアチーム
緩和ケアとは?緩和ケアチーム緩和ケアチームの活動内容緩和ケアチームへの申し込み方法

世界保健機構(WHO)は緩和ケアを以下のように提言しています。
「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、早期に、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな(霊的)問題を発見し、これらの問題に対して早期より的確なアセスメントと対応(治療・処置)を行うことによって、さまざまな苦しみを予防し、和らげることで、患者およびその家族の生活の質を改善すること」
よって、緩和ケアは、生命の危機にさらされている患者さんの身体的苦痛(痛みなど)や心のケア、さらには患者さんの家族までも含めた精神的ケアを行うことで、患者さんだけでなくご家族の生活の質を積極的に高めていくことを目的にしています。

緩和ケアを開始する時期は、WHOが提言しているように、癌末期や進行性の神経筋疾患の末期になってからの開始ではなく、もっと早い時期(場合によっては疾患が見つかった時点)から開始すべきとされています。すなわち、以下の表に示すように残念ながら治癒が見込めない癌の末期になってから開始するものではなく、癌などの積極的な治癒を目指した治療と同時に緩和ケアは行われるべきものです。



例えば、癌と診断され、手術や抗癌剤治療、放射線治療などを行う際の苦痛(術後の疼痛や抗癌剤治療に伴う副作用など)に対しての治療や対処も緩和ケアになります。また、癌などが進行し、さまざまな苦痛が出現した場合に、これらの苦痛を緩和するのも、ご家族の精神的負担を減らす努力も緩和ケアになります。
当院でも、上記の表のように取り組んでおり、診療科に関わらず、緩和ケアチームによる緩和ケアの実践を行っています。

 
Google WWWサイト内
| お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 当サイトについて | サイトマップ | リンク |

Copyright(C) Matsuyama Shimin Hospital. All rights reserved.
転倒・転落防止について患者・家族に十分な説明が出来ている 転倒予防対策が導入され意識が向上した 両リスクの患者はカンファレンスをし対策を立てている 患者の転倒・転落リスクを把握している 財団法人永頼会 松山市民病院 日本医療機能評価機構認定病院