〒790-0067 愛媛県松山市大手町2丁目6-5 TEL:089-943-1151 FAX:089-947-0026
トップ委員会・チーム紹介⇒転倒予防対策チーム 文字が見えにくいと感じる方へ 画面を拡大表示します 画面を縮小表示します
委員会・チーム紹介
委員会・チーム紹介に戻る |


転倒予防対策チーム
我々は多職種参加で
院内の転倒予防に取り組んでいます!
はじめに転倒転落の状況具体的活動職種の活動内容お問い合わせ

 近年、高齢化が進み2050年には75歳以上の人口割合が21.5%になるといわれています。それに伴う高齢者の転倒割合も徐々に増加傾向であり、中には濃厚な治療が必要になる例も出ています。当院では、病院内での転倒を可能な限り予防していくことを目的に、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・薬剤師・管理栄養士などの多職種により構成された転倒予防対策チームを結成し、院内の転倒予防に取り組んでいます。患者さん個々の状況や院内環境を含めて専門的見地から多職種で連携を取り、具体的な予防対策をすすめています。


 目標と目的
当院における転倒事故を防止し、転倒に関する安全管理を討議・検討しその効果的な推進を図る。

 業務内容
1. 当院での転倒に関する報告、分析、対策
2. 転倒の恐れのある患者、家族に対しての教育
3. 職員に対する転倒防止の指導・啓蒙活動

 転倒予防対策チーム構成人員
委員長 須賀 正和(脳神経外科)
医療安全管理者 川本 美加
リハビリテーション科 平井 覚、 富田 純右、 青木 英次、 山之内 翔子
看護部 梅川 由紀、宇髙 さとみ、冨永 祐子、
若松 彩奈、東 真帆、村上 知穂、久保 喜宏、八山 結花、
八百 智美、正岡 結奈、三好 千春、宇都宮 幸恵、瀧川 弘美
薬剤部 小田 真司、城口 扇莉
栄養管理室 矢野 香穂里、大西 清子
チーム代表 : リハビリテーション科 平井 覚 ・ 看護部 宇高 さとみ

 
Google WWWサイト内
| お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 当サイトについて | サイトマップ | リンク |

Copyright(C) Matsuyama Shimin Hospital. All rights reserved.
転倒・転落防止について患者・家族に十分な説明が出来ている 転倒予防対策が導入され意識が向上した 両リスクの患者はカンファレンスをし対策を立てている 患者の転倒・転落リスクを把握している 財団法人永頼会 松山市民病院 日本医療機能評価機構認定病院