〒790-0067 愛媛県松山市大手町2丁目6-5 TEL:089-943-1151 FAX:089-947-0026
トップ各診療科の紹介⇒小児科 文字が見えにくいと感じる方へ 画面を拡大表示します 画面を縮小表示します

各診療科の紹介 各科問診表はこちら


小児科

一般健診のご案内 予防接種のご案内 特殊外来のご案内
健診のご案内 小児科救急日の診療  

一般診療のご案内  

紹介状のない初診の患者さんには、初診時選定療養費として当院では2,700円のお支払いが必要です。
なるべくかかりつけの医師に紹介状を書いていただき受診するようにしてください。
なお、乳幼児医療含め医療費の負担のない患者さんについては、今までどおり負担はありません。
救急当番日に受診された患者さんも初診時選定療養費はかかりませんが、夜間や休日の受診には別途加算があります。
 
受付時間(月曜から土曜日)
午前 8:30-11:30 (初診の患者さんは11時まで)
午後 1:30-4:00 (初診の患者さんは3時まで)
※土曜日午後・日曜・祝日は休診です。
小児科外来担当表

外来診療担当表はこちらをご確認ください




特殊外来のご案内  
当科では下記の特殊外来を行っていますが予約制となっております。
詳細はお問い合わせください。
循環器外来  水曜午後(担当:小西恭子 小児循環器病学会専門医

検診異常者や、心雑音、心疾患の疑いのある小児に対して、心エコー検査、負荷心電図などの検査及び診察を行います。
対象疾患;先天性心疾患、川崎病後、不整脈など

神経外来  木曜午後、金曜午後(担当:重見律子 小児神経専門医
言語や運動発達のおくれ、行動の問題、けいれんなどの症状をもつ小児に対して 検査、診察、加療を行います。
対象疾患;脳性まひ、てんかん、注意欠陥多動障害(ADHD)、広汎性発達障害など
アレルギー外来  火曜午前(担当:重見律子 小児アレルギー学会所属)
 火曜午後(担当:小西恭子)
アレルギーをもつ小児に対して、検査、負荷試験、加療を行います。また、食物アレルギーの患者さんに対しては、栄養士による食事指導も行います。
対象疾患;アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、気管支喘息など


当科では発達障害、知的障害の疑い・不登校・心の問題に対して、医師の診察の後、
必要であれば臨床心理士による発達検査やカウンセリングを行っています。


お問い合わせ先
電話番号089-943-1151(代表番号) 小児科受付に、とおっしゃってください。



トップへ
予防接種のご案内  
定期予防接種    任意予防接種    予約について
 
 
接種対象年齢や回数は、母子手帳、日本小児科学会推奨の予防接種スケジュールをご参照ください。
 
日本での定期任意予防接種スケジュール(日本小児科学会推奨)
※別ウィンドウでPDFファイルを開きます


定期予防接種の種類
当科では、定期予防接種として、下記の予防接種を予約制で行っています。
接種対象者は、0歳から中学3年生、および子宮頸がん予防接種の高校1年生です。

1.ヒブワクチン(ヘモフィルスインフルエンザ菌b型ワクチン)

2.小児用肺炎球菌ワクチン

3.BCG

4.四種混合(DPT+ポリオ)、二種混合(DT)ワクチン

5.不活化ポリオワクチン

6.B型肝炎ワクチン

7.麻疹風疹(MR)ワクチン

8.水痘ワクチン

9.日本脳炎ワクチン


10.子宮頸がん予防ワクチン


ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチンは、生後2ヶ月を過ぎればなるべく早く接種した方がいい髄膜炎予防ワクチンです。任意接種のロタウィルスワクチンとの同時接種も可能です。

水痘は、全身の皮膚に水疱ができる感染性の病気です。
 1歳以上3歳未満の小児にワクチン接種できます(3歳以上の小児は任意接種になります)。3ヶ月以上あけて、2回目の接種を勧めています。

B型肝炎ワクチン
 B型肝炎ウイルスは、血液などで感染し、急性肝炎の症状を起こしたり、慢性肝炎から肝硬変、肝ガンに進んでいくことがあります。
1)B型肝炎ウイルスを持っている(キャリア)母親から出生した児に、公費で生後よりグロブリン注射や予防接種を行います。
2)母親がB型肝炎ウイルスのキャリアでない児は、生後2ヶ月より予防接種を受けることができます。

日本脳炎ワクチンは、一時中止の時期があったため、既定回数の接種ができていない、平成7年4月2日〜平成19年4月1日生まれの方は、20歳まで延長して定期接種が可能です。標準的には3歳からの接種ですが、生後6か月以上で接種することは可能です。

子宮頸がん予防ワクチンの接種対象は小学6年〜高校1年生です。ワクチンは2種類ありますので、担当医にご相談ください。

任意予防接種の種類

当科では、定期の予防接種以外に、下記の任意予防接種を予約制で行っています。これらの予防接種は任意(希望者が接種)で、自費になります。


1.経口ロタウイルス生ワクチン

 ロタウイルスは、感染力が強く、冬季乳幼児下痢症をひきおこします。特に乳児にかかると、嘔吐や下痢が強く、脱水症状のため点滴や入院が必要になったり、急性脳炎を起こすこともあります。生ワクチンのため、ロタウイルスワクチン接種後ほかの予防接種は4週間以上あけなければいけません。0歳児はほかにも接種が必要なワクチンが多数ありますので、生後2ヶ月になったら、なるべく早くヒブ、小児用肺炎球菌と同時に接種することをおすすめします。
 ワクチンには2種類あります。担当医にご相談ください。


  ■ロタリックス(1価ワクチン)
  4週間隔で2回経口接種します。遅くとも生後20週までに1回目を接種し、
  生後24週(168日)までに接種を完了させます。

  ■ロタテック(5価ワクチン)
  4週間隔で3回経口摂取します。遅くとも生後24週までに1回目を接種し、
  生後32週までに接種を完了させます。



2.ムンプス(おたふくかぜ、流行性耳下腺炎)ワクチン

 ムンプスは、耳下腺の腫れを起こす感染性の病気ですが、合併症として髄膜炎、脳炎を起こしたり、後遺症として難聴を残すことがあります。
  1歳以上の小児に接種できます。日本小児科学会では、抗体の低下を防ぐため、2回接種を勧めています。



3.インフルエンザワクチン

 インフルエンザウイルスに対する予防接種です。
 標準的には、1歳以上の小児に対して、毎年10月頃から接種します。小学生以下は2回接種、中学生以上は1回の接種です。


予約について

◎予防接種 ※予診票、接種券、母子手帳を必ずご持参ください。
 
 月〜金曜日 午後1:30〜2:00
 土曜日(原則 第1、第3) 午前9:00〜9:30(学童、学生優先)
   
◎予約申込み 午前10:00〜11:00  小児科窓口またはお電話にて
  電話番号 089-943-1151(代表番号)
  小児科受付に、とおっしゃってください。

土曜日の予防接種は、学童、学生を優先しておりますので、ご了承ください。
※診察券、母子手帳をお手元に用意してからお電話ください。患者番号が必要になります。

 
予防接種を受けられる際のご注意
  1. ご家庭にて予診票・接種券に記入・捺印のうえ保険証・母子手帳・診察券と共にお持ちください。
  2. 予約の取り消し・変更は早めにご連絡ください。
  3. 必ず保護者同伴でお越しください。
  4. 当日体調不良などがありましたら事前に医師とご相談ください。
  5. 当院もしくは小児科が初めての方は総合受付の初診窓口にお越しください。尚、カルテ作りに15分前後かかりますのでご了承ください。
  6. 予防接種の受付時間は、月曜〜金曜:13時から13時30分、土曜:8時30分から9時 となっております。
  7. お問い合わせ・ご連絡は上記番号までご連絡ください。

トップへ
検診のご案内  
月曜、水曜の午後に乳幼児検診を行っています。
検診の予約について
検診は全て予約制となっております。
 
予約時間 10時〜11時
電話番号089-943-1151(代表番号) 小児科受付にとおっしゃってください。
※診察券をお手元に用意してからお電話ください。患者番号が必要になります。
検診の際のご注意
  1. 受付時間は13時〜13時30分となっております。
  2. 以下のものをご用意ください。
    ・健康保険証
    ・診察券
    ・乳幼児医療受給資格証
    ・乳幼児医療費請求明細書
    ・母子手帳(該当月の保護者の記録を記入しておいてください)
    ・乳児一般健康診査(健診無料券) (3-4ヶ月または9-10ヶ月健診で県内在住の方)
    ・1歳半健康診査(問診表、健診表控) (松山市在住の方で、保健所での健診を終えられた方)
  3. 予約の取り消し・変更はお早めにご連絡ください。
  4. 検診1時間前より検診終了までは授乳を控えてください。
  5. 生後まだ名前が決まる前に受診されたお子さまおよび保護者の保険証に加入届けを出される前に受診されたお子さまは仮登録のままとなっています。(診察券に「仮」のマークがあります)  これらの方はまず総合受付へ診察券と保険証を提出し正規の登録をお済ませください。あらためて診察券とカルテを発行いたしますので小児科受付へお持ちください。
  6. お問い合わせ・ご連絡は上記番号までご連絡ください。

トップへ
小児科救急日の診療について  
松山市の輪番制救急日には、小児科医が常駐しております。(8:30〜翌日8:30)
急な病状で受診が必要な方は、受付けを済ませたのち、2階小児科外来でお待ちください。

◆愛媛県小児救急医療電話相談のご案内◆
利用できる時間帯 土・日、祝日、年末年始  19時〜23時
◎短縮ダイヤル
#8000 または、 ◎ 089−913−2777
 
お子様を救急病院へ連れて行く前にご利用ください。医師や看護師から家庭での応急処置の方法などについてアドバイスがもらえます。詳しくはこちら↓
愛媛県保健福祉部/救急医療・小児(救急)医療のページへ
トップへ
 
戻る
Google WWWサイト内
| お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 当サイトについて | サイトマップ | リンク |

Copyright(C) Matsuyama Shimin Hospital. All rights reserved.
 
財団法人永頼会 松山市民病院 日本医療機能評価機構認定病院