皮膚科

TOPICS

外来診療担当表

午前 野間 野間 野間 野間 野間 (第1・3・5週)
野間
午後 野間 野間 野間 野間

午後外来 診療時間 14:00 ~ 16:00

特色

当院皮膚科の特色としては一般的な皮膚疾患についての治療、検査に加え、手術が必要な場合は形成外科への紹介、合併症やほかの臓器症状があればそれぞれの専門の科に紹介することができ、幅広く連携がとれることです。
また症状が重篤である場合や特別な治療が必要な場合については大学病院に紹介することもできます。当院で対応可能な疾患については入院加療も行っております。

対象疾患・治療

新しい光線療法について

ナローバンドUVB照射機が入りました

紫外線には可視光線、UVA、UVBなどがあり、今まで光線療法にはUVAを主に使用していました。UVBには赤くなってやけどの様になるなどの刺激反応が強いため、有効性は高いのですがあまり使われていませんでした。ナローバンドUVBはUVBのうち紅斑反応は出にくく、有効性のある一部の波長のみにしたものです。当院にも専用の機器が入りましたので、照射できるようになりました。乾癬、類乾癬、掌蹠膿疱症、菌状息肉症、尋常性白斑、アトピー性皮膚炎などの疾患が適応です。治療効果には個人差がありますが、継続して通院治療が可能であれば(効果が出るまでには数ヶ月かかります)ご相談ください。

当院で行えるアレルギー検査

血液検査

ハウスダスト、ダニ、花粉、動物、食物(すべてのものが検査できるわけではありません)、ホルマリン、ラテックスなど問診にてアレルギーの原因として疑われるものについて、または36種類がセットとなった検査などがあります。1週間ほどで結果がわかります。

プリックテスト

蕁麻疹など即時型アレルギーの検査です。専用の針で皮膚に吸収させて、反応がでるか15~30分待ちます。
食物アレルギー、口腔アレルギーの場合は実際症状がでる食べ物を持参していただき、プリックプリックテストを行ないます。薬で蕁麻疹が出た可能性がある場合はその薬を使って検査することもあります。

薬疹検査

症状と薬の内服歴から疑われる薬剤について検査します。薬剤パッチテストの方法で行うこともありますし、費用はある程度かかりますが血液検査で行うこともできます。ただ100%原因が特定できる検査ではありません。
どうしても治療上必要な薬の場合は、内服誘発検査(実際に少量から被疑薬を飲んで、症状が再現するか誘発する検査)を行うこともあります。しかし、危険が伴いますので、アナフィラキシーショックや重症型薬疹については大学病院を紹介します。

パッチテスト

主に接触してかぶれるものについて行う検査です。化粧品、植物などかぶれの原因と思われるものを持参してください。金属(アルミニウム、白金、亜鉛、水銀、銅、ニッケル、金、歯科用金属など)であればこちらに用意してあるもので行えるものもあります。
背中、うでの内側など湿疹などのない部分にテープで貼ります。2日間テープではり、2日後、3日後にはがしてかぶれの反応がでているか判定します。受診は3回必要ですので検査を貼る日、2日後、3日後が受診できる日に行います(例えば、月曜日に貼って、水曜、木曜にはがして判定)。
貼ったものがはがれればやり直しになりますので、入浴をひかえていただくか、濡れないようにしてもらいます。夏は汗をかきやすいためテープのかぶれがおきたり、はがれたりしやすいので検査には不向きです。

水いぼ(伝染性軟属腫)の治療について

ウイルスでできるいぼの一種です。小さいお子さんによくできますが、だいたい1~2年で免疫ができて自然治癒するといわれています。あまり増えないようであれば、自然に治る時期が来るのをまってもよいと思いますが、掻いてしまってかなり増えた場合や、大きくなって化膿する、アトピー性皮膚炎などがありかなり増えてしまいそうな場合は治療したほうがよいかもしれません。
一番早く確実な治療はいぼの中の芯を出してしまうことです。いぼをピンセットでつまみだすため痛みがあるのが難点です。当院では希望があれば、ペンレステープなどの麻酔のぬり薬をぬってからとることもできます(麻酔薬のアレルギーがなければ)。麻酔が効くのに30分以上かかりますので取る希望がある場合は予約制で行なっています(電話予約可能です)。

じんましんについて

じんましんは突然かゆみをともなって蚊にさされたように赤くふくらみ、24時間以内に消えてしまいます。一般に蕁麻疹の原因として食べ物(特定の物を食べて2時間以内に症状がでる)、温熱、寒冷刺激(暑さ、寒さの温度差で症状が出現)、日光、機械的刺激(ひっかく刺激をあたえるとでる)、薬、接触、ストレス/疲労、内臓の病気などがあります。しかし多くは特別なアレルギーの原因のない特発性です。
治療は原因があればそれを避けることが一番ですが、原因が避けられない、特発性の場合はアレルギーを抑える薬をのむ治療です。症状をおさえることのできる自分にあった薬を続けてのむことが大切です。1ヶ月以上もつづく慢性蕁麻疹ではあう薬がなかなかみつからないこともありますし、薬を飲んでおさまってもまた再燃する場合もあり、個人個人に応じた治療が必要です。一般に蕁麻疹がでているときに運動、入浴などで体温が上がったり、皮膚を掻いて刺激すると症状が悪化しますので注意してください。
危険な場合は全身に蕁麻疹がでる、気分不良、呼吸困難、意識障害、嘔吐、腹痛などを伴うアナフィラキシーショックです。このような場合はすぐに救急病院に受診してください。

受診される患者さんへ

皮膚は体の一番外側にあり、いろいろな刺激から守ってくれる臓器であるため、いろいろなトラブルもおきやすい場所です。かゆみもつらい症状ですし、皮膚の症状は目に見える分、不安になることも多いと思います。気になる症状があればお気軽にご相談ください。
(初診以外の方であれば前日までの外来診療時間内に電話で予約対応もしております

施設認定

医師紹介

  • 部長野間 陽子(のま ようこ)

    野間 陽子(のま ようこ)
    卒年
    1996年
    資格
    日本皮膚科学会 専門医、卒後臨床研修指導医講習会修了
    専門領域

PAGEのTOPへ

PAGEのTOPへ

ご利用者別メニュー