病理診断科

TOPICS

現在お知らせはありません

外来診療担当表

特色

 病理診断科は人体に生じた全ての異常部分から組織・細胞を採取し、これらの性状により病気(異常)の本態を検索する科です。
 病理組織診断、剥離~穿刺細胞診断、迅速細胞診断、病理解剖の主たる業務から成っています。
 病理診断科の最大の特徴は、業務が全ての臨床科と関連していることで、極めて広い範囲の業務を担っているのが特徴です。
 また、それらの業務には、臨床でのCT、高分解能CT、エコー超音波検査、MRI、PET、X線検査、血液検査、生化学検査等々全ての知見が関係してくる科です。
 当院では、大学から週3日病理専門医が来院し、病理診断を行っています。

対象疾患・治療

病理診断業務

病理組織診断

病理組織診断は、人体から得られた病的な材料について、どのような病変が存在しているかの判断をしております。

 特に重要なのは、炎症であればどのような種類か、腫瘍であれば良性か悪性か、さらにその最終診断名は何かに関して判断し、臨床担当医にそれらの情報を迅速にかつ的確に知らせる仕事を行っております。
 症例によっては、判断の難しいものもありコンサルテーションにより他施設の専門医の意見を聞きながら最終診断とすることもしばしばあります。

細胞診断 この業務に欠かせないのが免疫組織化学染色であり、これは多種類の抗体を使用して組織に出現している、あるいは増殖増加している細胞や物質の種類を決定しうる染色であり、診断の確認や決定には必修のことがしばしばです。
 近年その抗体の種類も莫大な数になっておりますが、特に重要なのは、この抗体によって極めて特殊な治療ができ、効果が抜群である点であり、治療に最も重要な情報が得られることであります。
 例えば、乳癌、胃癌のHER2、リンパ腫のCD20、肺癌のEGFRやALK発現などです。

細胞診

細胞診断も重要な部門であり、細胞検査士と細胞診指導医が共同して人体から得られた細胞に関して、病変の細胞診断を行うものです。

 当科では、5名の検査技師(4名の細胞検査士を含む)を有しており、細胞診指導医と共に尿、喀痰、子宮頚部、子宮内膜、甲状腺、乳腺、血液、腹水、胸水などから得られた種々細胞についての判断を行っております。
 細胞診判定と併せての病理組織診断は極めて有効であり、より確実性を増します。近年細胞診についても免疫染色が威力を発揮する場面があります。


術中迅速組織診断

術中迅速組織診断は、手術中に病変の摘出範囲を決める際に重要となってくる組織検査です。

病理組織診断

 胃切除、乳腺切除、膵切除、腸管切除、皮膚腫瘍切除、リンパ節転移などに関して、断端部分の病変の有無やリンパ節での転移の有無はもちろん、必要に応じて手術中に摘出された組織にどのような病変が存在するかを判断して手術担当医に知らせる重要な検査です。
 また、本態病変が本当に悪性~良性の病変として間違いないかを手術中に確認するときにも必要となります。
 外科的切除に際しては必須の検査であり、病理医は特に慎重を期する必要があります。近年、細胞診の分野でも迅速細胞診が必要とされているのが現状です。

病理解剖業務

 適切な治療を行ったにもかかわらず、亡くなられた患者さんについての病理解剖業務も重要です。
 病理解剖により臨床担当医が把握できていなかった病変が明らかになることがしばしばありますし、特に死因に関しての検索や、主病変がどのように患者さんに悪影響を及ぼして死に到ったのかを検索するものです。
 これは、当該患者さんのみならず、今後の患者さんの治療に関して、極めて貴重な情報を提供することができます。
 臨床担当医のみならず、病理専門医にとっても貴重な知識の集積ができます。治療にかかわる担当医がどこまでその病変を理解できているかが治療に際しての最重要事項になりますが、その基盤をなす幅広い知識が得られるのがこの病理解剖業務です。
 近年、臨床での検索方法の進歩や手術摘出などにより病理解剖が必要とされる頻度が低下しつつありますが、決しておろそかにはできない重要な病理業務であります。

臨床検査技師の主な取得資格

当科には5名の臨床検査技師を有し、精度の高い標本作成を行っています。また、知識や技術の向上を目指し、自己研鑽に努めています。

  • 細胞検査士 4名
  • 国際細胞検査士 1名
  • 特定化学物質 作業主任者 2名
  • 有機溶剤 作業主任者 3名
  • 毒物劇物 取扱責任者 1名

施設認定

  • 日本臨床細胞学会認定施設
  • 日本病理学会登録施設

医師紹介

PAGEのTOPへ

PAGEのTOPへ

ご利用者別メニュー