小児科

TOPICS

外来診療担当表

午前 一診 重見 勢井 小西 重見 小西 (第1週)重見
(第2週)
重見(紹介のみ)
(第3週)小西
(第4週)勢井(紹介のみ)
(第5週)
勢井
午後 一診 小西/
(第3週)江口
小西 重見 勢井 勢井
専門外来(予約) 神経外来
重見
循環器外来
小西
神経外来
重見

専門外来・午後外来 13:30 ~
専門外来、乳幼児健診、予防接種は予約制になっております。
連絡先: 電話番号 089-943-1151(代表番号)
小児科受付に、とおっしゃってください。

土曜日診療について
  第1・3・5週 土曜日は、予約、紹介患者のみ診察
  第2・4週 土曜日は、原則 他院よりの紹介患者のみ診察
なお、土曜日が祝日の場合は変更することがあります。
予約をとられても土曜日の外来診察は混雑し、お待たせすることが多のであらかじめご了承ください。

救急当番日以外は急な病状の患者さん診察は、対応できません。かかりつけの小児科、または近くの小児科医院で診察を受けてください。

特色

  • 当院小児科は子どもの権利条約にしたがって、子どもの生きる権利、守られる権利、育つ権利、参加する権利を、医療の上でも守るよう心がけます。
  • また、児童憲章の精神にしたがって、等しく子どもが最善の利益を受けられるように、適切な治療を行い、子どもの心身の発育や教育の機会を確保し、虐待や不当な扱いから守ります。

入院

  • 小児科入院病棟にはプレイルームがあり、医療を受ける子どもが入院中にも、特性や発達段階に応じた遊びを行えるようにしています。
  • 小児科入院病棟には病棟保育士を配置し、入院中の子どもの年齢、病状、発達に合った遊びの提供や、家族支援を行います。
  • 入院中の学童には、NPO法人による学習支援がうけられます。

外来

  • 感染症やアレルギー疾患などの一般的な小児疾患に対応すると共に、神経疾患・循環器疾患については専門外来を行っています。(予約制)
  • 小児の発達や心の問題に対して臨床心理士が発達検査やカウンセリングを行います。
  • 発達の問題をもつ小児に対して、リハビリ部門の協力を得て小児発達リハビリを行います。

救急

  • 松山市の輪番制救急日には小児科医が常駐しております(8:30~翌8:30)

対象疾患・治療

小児神経疾患

注意欠如多動症、自閉スペクトラム症、てんかん、プラダーウィリー症候群など
専門外来で診療しています。(要予約)

小児循環器疾患

川崎病、不整脈、先天性心疾患など
専門外来で診療しています。(要予約)

小児内分泌疾患

成長ホルモン分泌不全症、甲状腺疾患、小児糖尿病など

小児感染症

小児アレルギー疾患

アトピー性皮膚炎、気管支喘息、食物アレルギーなど

小児腎疾患

松山市学校検尿異常 救急受診の指定病院です

乳幼児健診

(要予約)

予防接種

(要予約)

施設認定

  • 愛媛大学病院小児科専門研修プログラム連携協力施設

医師紹介

  • 副院長 兼 副医局長重見 律子(しげみ りつこ)

    重見 律子(しげみ りつこ)
    卒年
    1987年
    資格
    日本小児科学会 専門医・指導医、日本小児神経学会 専門医、卒後臨床研修指導医講習会修了
    専門領域
    小児神経
  • 部長小西 恭子(こにし きょうこ)

    小西 恭子(こにし きょうこ)
    卒年
    1995年
    資格
    日本小児科学会 専門医・指導医、日本小児循環器病学会 暫定指導医、日本小児循環器学会 専門医、卒後臨床研修指導医講習会修了
    専門領域
    小児循環器
  • 副医長勢井 友香(せい ゆか)

    勢井 友香(せい ゆか)
    卒年
    2008年
    資格
    日本小児科学会 専門医
    専門領域
    小児内分泌

PAGEのTOPへ

PAGEのTOPへ

ご利用者別メニュー