〒790-0067 愛媛県松山市大手町2丁目6-5 TEL:089-943-1151 FAX:089-947-0026
トップ各診療科の紹介外科・消化器外科⇒腹腔鏡下胆嚢摘出手術 文字が見えにくいと感じる方へ 画面を拡大表示します 画面を縮小表示します
各診療科の紹介 各科問診表はこちら

消化器外科 外 科

 胆

腹腔鏡下胆嚢摘出手術
胆石症の手術(胆石を伴う胆嚢を摘出する手術)には、
  1. 開腹手術(お腹を大きく切開して胆嚢を摘出する手術(図1)
  2. 腹腔鏡下胆嚢摘出術(お腹に3〜4ヶ所小切開を加え腹腔鏡というカメラと鉗子を用いて行う手術(図2)

大きく分けて2通りの手術方法があります。

  
 図1  図2

 
現在は腹腔鏡手術が主流となりつつあり、当院でも年間100例前後の胆石症手術の内、約9割前後が腹腔鏡の手術です。腹腔鏡手術の利点は、

  1. 手術創が小さいため痛みが少ない。
  2. 痛みが少ないため早期に離床できる。
  3. 創が小さいため目立たず若年者や女性にとって美容的に良い。
  4. 入院日数が短くてすむ。

などという点です。
 
当院では多くの方が手術前日に入院され、手術後約1週間で退院されています。(合併症等ある場合は、これに限りません。)
ただ激しい胆嚢炎や上腹部に手術既往のある患者さんなどは適応とならない場合があり、これらの患者さんは従来通りの開腹手術となることが多いです。
当院では、できるだけ多くの患者さんに腹腔鏡下手術を行う方針としています。

戻る
Google WWWサイト内
| お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 当サイトについて | サイトマップ | リンク |

Copyright(C) Matsuyama Shimin Hospital. All rights reserved.
 
財団法人永頼会 松山市民病院 日本医療機能評価機構認定病院