脊椎外来

脊椎外来のご案内

整形外科は運動器を扱う診療科ですが、脊椎(脊髄)には脳からの信号を手足に伝える神経があり、身体を支える本幹でもあります。
当科では頭の付け根から仙椎までの病気や外傷について、2名の専門医が診療を担当しています。

整形外科ページはこちら

診療を受けるには?

毎週火曜日午前中を脊椎専門外来としています。
かかりつけ医からの紹介の場合は、地域医療連携室を通じて診察予約することができます。
その他の日に受診されて、脊椎の病気が考えられるときは、脊椎外来を予約致します。

診察担当医師

萩山吉孝  日本脊髄病学会指導医
      日本整形外科学会脊椎脊髄病医
      日本整形外科学会専門医
      昭和50年卒

久保貴博  日本脊髄病学会指導医
      日本整形外科学会脊椎脊髄病医
      日本整形外科学会専門医
      日本体育協会スポーツ医
      平成13年卒

どのような病気を扱っている

頸椎症性脊髄症

年齢による頸椎の変形や不安定性で脊髄が圧迫されると、手足のしびれや、指の運動障害、歩きにくくなることがあります。

脊椎後縦靭帯骨化症

脊柱管内の靭帯が骨化し、幅が厚くなると脊髄を圧迫して、手足の運動、知覚障害が進行してくることがあります。

頸椎椎間板ヘルニア

頸の椎間板が突出し神経圧迫すると、腕や手の痛み、しびれ、筋力低下となることがあります。また脊髄圧迫になれば、頸椎性脊髄症と同じ症状が急激に出現します。

腰椎椎間板ヘルニア

腰の椎間板が突出または脱出することで、腰痛や、下肢痛、知覚鈍麻、筋力低下などの症状が出ます。

腰部脊柱管狭窄症

年齢からの腰椎の変形やすべり症で、神経の通り道である脊柱管が狭窄すると、歩くとき尻から足のしびれ、痛み、しめつけ感が出て歩けなくなることがあります。
短時間前屈みで休めば、また歩行可能となります。間欠性跛行といいます。

脊椎圧迫骨折

骨粗鬆症になると、軽い外傷や少し無理をした程度で脊椎が潰れることがあります。
多い場所は胸椎と腰椎の境目で、腰痛、背部痛で歩行困難になったりします。
まれに、神経圧迫で下肢の知覚や運動麻痺も来たすことがあります。

どのような検査をしているか

X線写真、CT断層写真は当日検査可能です。
MRI検査(脊髄、神経、腫瘍、炎症等の検索が目的)は予約制になっています。
神経根造影・ブロック、脊髄造影、椎間板造影 等

どのような手術をしているか(一部)

椎弓形成術、椎弓切除術

頸椎症性脊髄症、脊椎後縦靭帯骨化症、腰部脊柱管狭窄症等で神経圧迫を取り除く方法。
腰椎では小切開で顕微鏡下手術を行っています。

脊椎固定術

脊椎不安定症、骨折、腫瘍などで脊椎骨を強固に固定する目的で行います。
金属製固定具を使用することもあります。

バルーン椎体形成術

脊椎圧迫骨折で2~3ヶ月でも痛みがよくならない時や、骨が癒合しない場合に、
潰れた骨をバルーンで元に戻して、骨セメントで補強する方法です。
当科は施設認定を受けております。

PAGEのTOPへ

PAGEのTOPへ

ご利用者別メニュー