医療安全管理委員会

はじめに

 医療事故の予防・再発防止および発生時の適切な対応など、医療安全体制を確立し、安全で質の高い医療サービスの提供を図ります。

医療安全管理委員会組織

医療安全管理部門組織

医療安全管理委員会メンバー

委員長 副院長 水上 祐治
副委員長 副院長 須賀 正和
副委員長 医療機器安全管理者
副院長
柚木 茂
委員 医療安全管理者 川本 美加
委員 医薬品安全管理責任者
薬剤部部長
大塚 尚
委員 看護部長 三笠 照美
委員 事務長 花本 雄二
委員 医療事務部部長 玉野 祐仁
書記 医療事務部課長 東方 淳子

医療安全管理委員会の主な活動

1.医療事故の防止対策

職員が、院内で起こった事故や事故が起こりそうになる前に気がついた事例などをレポートとして安全管理部門に提出することで、情報を収集分析し、対策の立案・業務改善、フィードバック・評価につなげます。

2.医療安全研修・啓蒙

 全職員に対し年2回安全研修会を行い、職種横断的に安全活動を推進しています。
 また、院外での事故事例や当院での事例等について、医療安全情報を掲示し、職員への啓蒙と周知を図っています。

3.安全ラウンド

 安全部員による各種安全ラウンド(配薬ラウンド・5SKYTラウンド等)を行い、現場で起こっている現状を知ることで、改善につなげています。(転倒ラウンドにつきましては、転倒予防対策チームのページをご参照ください。)

PAGEのTOPへ

PAGEのTOPへ

ご利用者別メニュー