看護部のご案内

思いやりを持ち、心に寄り添える看護をモットーにしています

~看護部長からのメッセージ~ 看護部長(認定看護管理者) 三笠照美

看護部長 三笠 照美

 松山市民病院は、60年の実績を持つ地域密着型の急性期病院です。当看護部は病院理念のもと、一人ひとりの患者さん・ご家族の想いに耳を傾け、思いやりを持ち心に寄り添える看護に努めています。

 医療・介護・住まい・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの実現においては、病院完結型医療から地域完結型医療への転換が必要とされています。当院でも、急性期から在宅に至るあらゆる健康段階において的確な医療・看護の提供ができるように努めています。また、幅広い領域で専門性の高い看護実践を培えるよう、個々に応じたキャリア形成支援を心掛けています。WLB(ワーク・ライフ・バランス)の取り組みも行っており、ライフステージに応じた働き方が可能です。

 看護職の専門能力と看護実践能力を積み上げ、倫理的規範を持って人間性を磨くことで、看護の質の向上を目指しています。お互いに認め合い、持てる力を発揮できる環境を整え、ともに学び、成長できる教育の在り方を考え実践に取り組んでいます。

 看護する喜びを感じ、専門職としての誇りを持ち、誰からも「信頼され選ばれる病院」を目指してまいります。



理念・方針・目標

理念地域の皆様の信頼に応え、思いやりのある質の高い看護を提供します。

方針

  1. 個人を尊重し、根拠に基づいた看護を実践します。
  2. 専門職としての誇りを持ち、自立(自律)した人材を育てます。
  3. 看護職員一人ひとりを大切にした、活気ある職場づくりに努めます。
  4. 接遇の向上を図り、良質な患者サービスの提供を目指します。
  5. 看護の提供と経営効率の調和に努め、健全な病院経営に貢献します。

目標

  1. 理念に基づき地域に密着した選ばれる病院を目指す
  2. 豊かな人間性と専門性を持った看護実践ができる人材育成
  3. 先見性を持ちニーズを捉える力を養い質の高い看護サービスの提供

看護部組織図

看護部組織図


委員会組織図

看護部委員会組織図 平成29年度(更新:2017.04.01)

看護部委員会組織

PAGEのTOPへ

PAGEのTOPへ

ご利用者別メニュー